Workshop

【参加者募集】江戸の和紙文化 ~粋を漉く、手漉き和紙技術体験~

でんみらの前身となる「水都江戸文化遺産塾」が、
2~3月の5回にわたり、座学講座やワークショップを実施いたします!

 

20150122_3162694

 

第3弾は、
江戸の和紙文化 ~粋を漉く、手漉き和紙技術体験~
シェアハウス&オフィス the C(ザ・シー) 地下1階 C-LOUNGEを会場
に、行います。

★詳細&お申込みはコチラから。
http://suitoedo2015-03.peatix.com

 

20150123_3167663

 
昨年、「和紙:日本の手漉和紙技術」が無形文化遺産に登録され、
和紙への関心が、国内外でますます高まっています。

世代を超えて、伝統的な技が受け継がれている手漉き和紙。

今回は、紙漉き師・田村 正先生にご指導いただき、
江戸の和紙文化にまつわるお話と、和紙の原料となる楮(こうぞ)の
原料づくりから紙漉きまでの、手漉き和紙技術を体験します。

●水都江戸にまつわる「紙」の話
●江戸時代の紙の流通と種類は?
●現代の新聞回収よりも細分化された紙の循環型社会とは!?

当日は、葉書サイズ3枚+便箋サイズ2枚の紙漉きを体験いただきます。
乾燥処理が必要になるため、後日郵送にてお送りいたします。

 

■日程:3/14(土)
■時間:13:30~16:00(開場 13:00)
■定員:16名
※小学生からご参加いただけますが、保護者の方同伴でお申込みください。
■参加費:3,000円
■場所:
the C(ザ・シー)C-LOUNGE(B1階)
東京都千代田区内神田1-15-10
都営新宿線「小川町」駅B6出口より徒歩4分
JR各線「神田」駅西口より徒歩7分、
東京メトロ各線「大手町」駅C1出口より徒歩8分
http://www.share-place.com/the-c_a.shtml

■参加申込み方法:
PeaTix申込ページ → http://suitoedo2015-03.peatix.com
和傳十色屋 申込ページ → http://waden10iroya.net/#!/items/54b9f0c13cd48213c9004258

PeaTix申込ページ(画面の右側にある「チケットを申し込む」ボタンを
押下し、画面の案内に従って申込みをしてください)をご利用いただ
くか、和傳十色屋申込ページよりお申込みください。

※PeaTixを利用したイベント申込み方法の画面遷移は下記を参照ください。
http://denmira.jugem.jp/?day=20141117
(過去のイベント時に作成したものなので商品は異なります)
※お申込み方法がご不明な方は、下記お問合せ先にご連絡ください。

■主催:水都江戸文化遺産塾
■協賛:株式会社リビタ
http://www.rebita.co.jp/
■企画&運営:合同会社日本伝統文化未来考案室(でんみら)
http://denmira.jp/
https://www.facebook.com/denmira.jp
■お問い合わせ:合同会社日本伝統文化未来考案室(でんみら)
e-mail:info@denmira.jp
TEL:03-6869-7157 (10:00~20:00)
※留守電に切り替わった際には、折り返し連絡先とメッセージを入れてください。
折り返しご連絡します。

 

20150122_3162842

 

水都江戸文化遺産塾 概要
東京湾の海運、隅田川の水運の発達とともに拓かれた江戸。

広重や北斎をはじめとする浮世絵に描かれた江戸の情景は、
多くの水辺であったように、江戸は豊かな水を湛える川や海に囲まれた
水都でした。

その水辺で生まれ育まれた江戸文化は、長い歴史の中で、
社会のなかに閉じ込められていた、民衆のエネルギーが沸騰し、
民衆自らが担い手となり、独自の美意識を創造し、
世界に類例のない独自性を築きあげた「奇跡の文化」と言えます。

水都江戸文化遺産塾では、水辺で生まれ華開いた江戸文化遺産に
着目し、未来に繋げる江戸東京の有形・無形の文化遺産の魅力を
発信する取り組みを平成23年度より続けてまいりました。
講座・ワークショップへの参加者は20代~40代の青年層を中心に、
延べ600人を超えています。

今年度は、2~3月の5回にわたり、座学講座やワークショップが
実施されることになりました!

 
でんみらブログ(2015.1.25)
http://blog.denmira.jp/?eid=189

Powered by: Wordpress